意外と知らない正しくクレンジング方法

メイクの汚れは石鹸だけでは落とすのが難しいので、専用のクレンジングを使ってメイク落としすることが一般的です。

そして、クレンジングもオイル、ミルク、クリーム、ローション、ジェル、シートなど様々な種類がありますので、肌質に合わせて良いものを選んでいきましょう。

それから、目元のメイク落としは特に注意が必要です。
目元は顔の肌の中でも特に肌が薄くデリケートとなっていますし、ウォータープルーフのマスカラやアイライナーなどを利用することも多いので、普通のクレンジング剤だけでは落ちにくかったり、肌に刺激が強すぎる場合もあります。
アイメイク落としに強いタイプもありますが、肌に負担が少ないか、慎重に選んでいきたいところです。

目元のメイクをより安全に落とすのであれば、目元専用のものを選びましょう。
目元のデリケートな肌に合わせて作られているので安心感がありますし、落ちにくいマスカラなどもより落としやすく考えて作られています。

この場合も、ゴシゴシこするように落としてしまうと、肌を傷めてしまうことにつながりますので、コットンなども利用して、力を入れずに優しく落としていきます。

細かい部分やまつげなどは綿棒を利用すると、落としやすいので、活用してみると良いでしょう。

⇒ニキビに効果的?水洗顔とははこちら

クレンジングの種類と特徴:オイルクレンジング

お肌のトラブルに悩まされているという方は、間違ったクレンジング方法を行っていませんか。
基本を振り返って、正しいクレンジング方法を取り入れることで、肌質を改善することは十分に可能なのです。
洗顔フォームしか使用していないのであれば、クレンジング剤を使用して、しっかりとメイク落としをしましょう。
その日のメイクがお肌に残ったままにしておくことが、肌トラブルの原因になってしまうのです。

うるおいを残しながらもしっかりとメイクオフできるのが、オイルクレンジングです。
オイルの吸着力で、毛穴の奥にある汚れをキャッチすることができます。
オイルオイルクレンジングならお肌への刺激もなく、オイルで潤いを与えながらクレンジングできるので、乾燥肌の方にも、敏感肌の方にもおすすめです。
入浴前にオイルを適量手にとって、手のひらで少し温めます。
そのあと、顔の面積の広い部分から両手で優しくマッサージしながら、汚れを吸い上げていくようなイメージで、優しくクレンジングしていきましょう。
次にいつもの洗顔料で洗顔すれば、効果的にメイクオフすることができますよ。

保湿をしっかりして、清潔になったお肌にしっかりと潤いを与えるようにすれば、スキンケアは完璧です。

クレンジングの種類と特徴:ジェルクレンジング

クレンジングにはオイル、ミルク、ジェルなどいろいろなタイプがありますが、ジェルクレンジングはお肌に負担を与えずにすっきりと汚れが落ちるのが特徴です。クレンジングは、最もお肌を傷めやすい化粧品です。ファンデーションやポイントメイク等の油汚れを落とすために、汚れだけではなく必要な皮脂まで奪ってしまったり、逆に汚れが取りきれずに残った汚れが毛穴に詰まってしまうことがあるからです。そのため、間違ったクレンジングを続けていると、乾燥肌になって肌アレやシワに悩んだり、毛穴が広がったりニキビができることがあります。しかし、ジェルクレンジングならメイク汚れや酸化した油汚れをキレイに落としながら、お肌に必要な潤いを保つことができます。使う場合は、顔全体にジェルをたっぷりのせて、円を描くように優しくマッサージします。しばらくすると、汚れがジェルの中に吸着され、手のすべりがふっと軽くなります。すべりが良くなったら汚れが落ちたサインですので、水かぬるま湯で丁寧に洗い流します。このように、汚れ吸着のサインがわかりやすいので、顔を洗いすぎたり、逆に洗い足りないことがなく、お肌を傷めずに清潔に保つことができるのです。

クレンジングの種類と特徴:ミルククレンジング

クレンジングにはさまざまな種類がありますが、中でも肌にやさしくうるおいを守ってくれるのがミルククレンジングです。テクスチャーはなめらかで肌への摩擦が少なく、メイクとなじませるときも指のすべりが良いのが特徴です。拭き取りタイプと洗い流しタイプがありますが、拭き取りタイプはどうしても肌に摩擦がかかってしまうため、より肌にやさしいものをというのであれば洗い流しタイプがおすすめです。
クレンジング力の高さで言えばオイルが一番ですが、洗浄力が高すぎるため肌に必要なうるおいまで取ってしまうこともあるという問題があります。ミルククレンジングは肌のうるおいは残してくれるものの、洗浄力はオイルほど高くはありません。したがって、ポイントメイクはあらかじめ専用のリムーバーで落としておく必要があります。また、ウォータープルーフなどの落ちにくいメイクにも向きませんが、通常のメイクであれば十分に落とすことができます。クレンジングの際にはたっぷりの量を乾いた手に取り、手のひらで温めてから顔にのせるようにするとメイクとのなじみがよくなります。肌の上でやさしくくるくるとなじませてメイクが乳化したら、ぬるま湯で少しずつ洗い流し、再乳化させるとすっきりと落とせます。

クレンジングの種類と特徴:ウォータークレンジング

一日の終わりには、必ずしなくてはならないのがクレンジングから始めるスキンケアです。
肌の汚れを、落としまた肌に栄養を与えるためにも欠かすことができません。
クレンジングの方法は、色々とありますが最近注目されているのがウォータークレンジングです。
ジェル、オイル、クリームなどと、クレンジング剤は数多く販売されています。
しかし、肌への負担を考えるとウォータークレンジングが人気になります。
その理由は、まず使用方法が手軽なことです。
コットンにしみこませてふき取るだけで、後で洗い流す必要もありません。
疲れて帰宅した時に、この簡単なところが人気の秘密です。
ただ、これだけで全てが完了します。
化粧水由来の成分が、配合されています。
完全にオイルが含まれないものもあります。
そのために、この後にスキンケアをしなくても大丈夫になります。
また、普段通りのスキンケアもこの後に行うことができます。
そして、ウォータークレンジング肌にやさしいので、保湿をしながらメイクを落とすことができます。
使用後も、肌がベタつくことはありません。
ただ、注意としてコットンを使う時にはたっぷりと染み込ませて肌をこすることなく撫でるようにすることです。